商法(会社法)

〜会社法の百選を潰す〜

このページは、商法(主に会社法)の百選を一つ一つ見ていくページです。

(現在順次公開中)

判例百選は、 会社法判例百選 第2版 (別冊ジュリスト(205号))

を使用しております。

なお、法科大学院の授業を受け、特に重要だと言われた判例につきましては、星マークを付けています。

Ⅰ 会社総則

1 会社の能力と目的の範囲

2 会社の政治献金

3 法人格の否認

4 法人格の否認と第三者異議の訴え

Ⅱ 株式会社

⑴ 設立

5 発起人の開業準備行為

6 財産引き受けの無効主張と信義則

7 設立費用の帰属

⑵ 株式・新株予約権

8 他人名義による株式の引き受け

9 相続による株式の共有

10 共有株式の権利行使者の指定方法

11 株式の相続と訴訟の承継

12 議決権行使阻止工作と利益供与

13 株式名簿の閲覧拒絶事由

14 株券発行前の株式譲渡

15 会社の過失による名義書換の未了と株式譲渡人の地位

16 失念株と不当利得

17 個別株主通知と少数株主権等の行使

18 一人株主の承認による譲渡制限株式譲渡の効力

19 譲渡制限に違反した株式譲渡の効力

20 譲渡制限株式の評価

21 従業員持ち株制度と退職従業員の株式譲渡義務

22 違法な自己株式取得による会社の損害

23 100%子会社による親会社株式の取得と親会社取締役の責任

24 募集株式の有利発行

25 第三者に対する新株の有利発行と株主総会決議の欠缺

26 株券の発行

27 株券提出期間経過後の名義書換請求

28 募集事項の公示の欠缺

29 募集新株予約権の有利発行

30 違法な新株予約権の行使による株式の発行

⑶ 株主総会

31 累積投票と招集通知の記載

32 代理出席を含む全員出席総会の決議の効力

33 株主提案の取り扱い

34 議決権行使の代理人資格の制限

35 従業員持ち株制度と株式信託契約の有効性

36 書面による議決権行使と委任状勧誘

37 取締役の説明義務と一括回答

38 他の株主に対する招集手続きの瑕疵と決議取消の訴え

39 決議取消の訴えと取消事由の追加

 

おすすめ記事

憲法判例百選 10 亡命者・政治難民の保護(ユンスンギル事件)

亡命者・政治難民の保護(ユンスンギル事件)です。「問題」:政治犯を引き渡すことは、国際慣習法…

法科大学院入試適性試験廃止は2018年度からか

法科大学院入試適性試験廃止は2018年度からか結局ね〜廃止へと向かうことになった様ですね。…

憲法判例百選 16 被拘禁者の喫煙の禁止

「問題」:被拘禁者にも、喫煙の自由(憲法13条)は保障されるか。「判旨」:必要な限度において…

憲法判例百選 15 公務員の「政治的行為」と刑罰(猿払事件上告審)

「問題」:郵便局事務官が選挙用ポスターを張ることは、政治的行為に当たるか。「判旨」:憲法21…

憲法判例百選 30 尊属殺重罰と法の下の平等

「問題」:尊属殺重罰(刑法200条)の規定は、憲法14条1項に反しないか。「判旨」:立法目的…

保護中: Line@登録者限定プレゼント

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。…

オススメ書籍

PAGE TOP