法科大学院

首都大学東京法科大学院(首都大ロー)論文アドバイス2016

首都大学東京法科大学院入試アドバイス2016

こんにちわ、すみっこがっきです。

さて、2017年度入試も私立が終わった頃でしょうか。

私立ダメだった人、諦めないでくださいね、まだ首都ローがありますよ←

僕は1年前、中央ローのみ受け、不合格。補欠はきましたが、首都ローに在籍中です。

私立残念だった方、第一志望不合格だった方、ぜひ首都ロー受けてみてください。

*入ってよかったなと思うところ。

・人間関係のいざこざが少ない

・学費が安い(年間66万円ポッキリ、奨学金、免除制度あり)

・少人数だからのびのびしている

・自習室が快適(定席が与えられる)

・必修は2コマまで落とせる。(他の私立よりも単位取得に関してゆるい)

・WifiがないのでYoutubeにはまることがない(笑)

・空き教室が腐るほどあるので自主ゼミが組みやすい

ざっとこんな感じです。何か質問あれば、いつでもコメントくださいね^^




論文対策

さて、論文対策ですが、上3科目のみですね。ここで、各科目の先生の特徴と出ると思われる範囲について大胆予想します。

(あくまで僕の勝手な予想ですので、いかなる損害も責任を負いません。)

民法:過去問から、民法の総則はほぼ出ると言って良い。過去問は非常に難しく解き難い問題もあるが、最近は基本知識をどれだけ書けるかという方向にシフトしていますので、過去問は最新から数えて3年分くらいやればいいと思います。

総則の論証を吐き出せるように、特に表見・無権代理、時効の援用、94条2項あたりはやっておいたほうがいいと思います。

憲法:毎年百選の事例とそっくりです。百選の事例を解けるように勉強すると良いと思います。演習本あたりで審査基準の導き方などを確認するのも良いと思います。

刑法:総論を完璧にしましょう。去年(2015年)は共犯が出ていません。共犯は出てもおかしくないです。(ちなみに僕はローの定期テストで共犯関係で酷い点数を取りましたw)

各論は、窃盗、傷害、強盗、詐欺くらいでいいと思います。

 

時間は全部で3時間です。時間配分に気をつけてください。去年の面接で、民事系の出来がみんな悪いと言われています。ですので、差をつけるのなら、民事系です。

短答の民訴は、簡単な基本問題しか出ませんので、一回問題集を解く程度で足ります。

今年、論文を受ける予定の方に、少しでも参考になれば幸いです。

*なお、念をおしますが、この情報は、僕の独断と偏見です。へ〜という参考程度に見てくださいね。

 

関連記事

  1. 法科大学院日記vo.2 首都大ローのいいところ不便なところ
  2. 法科大学院で使用する教科書 〜刑法編〜
  3. 法科大学院で使用する教科書 〜憲法編〜
  4. 中央大学法科大学院 補欠合格 平成27年 中央ローの補欠合格の状…
  5. 法科大学院で使用する教科書 〜会社法編〜
  6. 法科大学院日記 vo.1 ガイダンス
  7. 法科大学院 必要書類と入試の注意点
  8. 法科大学院で使用する教科書 〜民法編〜

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー記事一覧

おすすめ記事

  1. 新司法試験行政法の解説書・参考答案のおすすめ2017
  2. 保護中: Line@登録者限定プレゼント
  3. ブログ更新再開・・・したいの巻

刑事訴訟法おすすめ基本書 リーガルクエスト

刑法総論おすすめ基本書1 基本刑法1総論

刑法各論おすすめ基本書「刑法各論西田」

行政法おすすめ基本書「基本行政法」

民事訴訟法おすすめ基本書「基礎からわかる民事訴訟法」

憲法おすすめ基本書「芦部憲法」

会社法おすすめ基本書「リーガルクエスト」

オススメ書籍

最新記事10選

勉強のやる気がなくなったら見て欲しい映画

オススメ書籍

PAGE TOP