司法試験合格までの道のり

法的三段論法と論文への生かし方

法的三段論法と論文への生かし方

こんにちわ、すみっこがっきです。

今日は、法的三段論法と論文への生かし方についてです。

まず、僕は極度に論文を書くのがへたくそです。

日本語もおかしいし、読みやすい文章を書くのが苦手なのです。

僕みたいな人こそ、法的三段論法を守って、書くべきなんですよね。

スポンサーリンク



そもそも法的三段論法とは

大前提:法規
小前提:具体的事実
結論:法適用の結果

の順に論じていくということです。

例えば、分かりやすい例として、

大前提:刑法235条「窃盗」→規範

小前提:甲が〜を盗んだ

結論:窃盗罪が成立する

といった感じです。

つまり大前提が、よく言われる、「規範」の部分。そして、小前提が「当てはめ」です。

この流れを守って、書くのが良いでしょう。受験生の大半はこの書き方ですし、論文の優秀答案を見ても、みんな法的三段論法を綺麗に守っています。

 

時間と紙面を節約する方法

ところがですね、この法的三段論法を全ての論点でやってしまうと、明らかに紙面と時間がありません。

主要な論点以外の論点は、3段論法なんてやってられません。

となってくると、僕みたいな文章を書くのがヘタな人は、急に崩れていくんですよね。

3段論法を正面からやらなくてもいいのですが、三段論法は崩してはいけないんです。

ではどうやるか。

 

応用的三段論法を駆使する

この方法は、先輩から教えていただいたものです。

先輩によると、法学セミナー(→こちら)の特集かなんかで見つけたらしいです。

その方法はこんな方法です。

大前提小前提結論の順で書いていたものを、

小前提大前提結論

にかえるだけです。とってもシンプルです。例えば、

例)甲が窃盗目的でA宅に立ち入った行為は(小前提)住居権者たるAの意に反する立ち入りと言え(大前提)「侵入」に当たる。(結論)

と、なります。

どうでしょうか、かなりシンプルですよね。綺麗な答案を書く人は、これをさらっと書いています。

よく、この論点は、主要論点じゃないし、特に問題とならないから、さらっと認定すればいいよ、と言われます。

でも僕からしたら、「さらっと認定ってどうやるんだ?(笑)」でした。

でも、この応用的三段論法を使えば、三段論法を崩さずに、さらっとかけます。

これで、法律論文の「作文」状態から脱却できますね(笑)

文章を書くのが下手な僕でも、ちょっと意識すればできたことなので、

日本語が下手だ、とか、わかりにくいと、言われたことがある方は、ぜひ試してみてください。

 

関連記事

  1. 法科大学院日記 vo.0 ついに入学へ。
  2. 司法試験論文で答案構成はどのくらいすべき?
  3. 法律資格の教科書サイトリニューアルのお知らせ
  4. 刑法各論シリーズ 第二回目 公衆の安全に対する罪 〜騒乱罪、放火…
  5. 司法試験予備校比較と口コミ・検証
  6. 平成28年度司法試験速報とまとめ!これからどうなる?2016
  7. 新しいサイトついにオープン! これから様々な情報を更新します!
  8. 平成28年司法試験・短答式試験結果速報2016

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー記事一覧

おすすめ記事

  1. 保護中: Line@登録者限定プレゼント
  2. ブログ更新再開・・・したいの巻

刑事訴訟法おすすめ基本書 リーガルクエスト

刑法総論おすすめ基本書1 基本刑法1総論

刑法各論おすすめ基本書「刑法各論西田」

行政法おすすめ基本書「基本行政法」

民事訴訟法おすすめ基本書「基礎からわかる民事訴訟法」

憲法おすすめ基本書「芦部憲法」

会社法おすすめ基本書「リーガルクエスト」

オススメ書籍

最新記事10選

勉強のやる気がなくなったら見て欲しい映画

オススメ書籍

PAGE TOP