司法試験合格までの道のり

司法試験論文で答案構成はどのくらいすべき?

司法試験論文で答案構成はどのくらいすべき?

こんにちわ、すみっこがっきです。

今日は、論文の答案構成についてです。

答案構成はどの程度したらよいのでしょうか。




 

そもそも答案構成をする必要があるか

答案構成の有無、答案構成のやり方、時間配分は正直人それぞれで、皆さん先輩方おっしゃることは十人十色です。

ということは、どんな答案構成をすべきかは自由です。

受験新報(→こちら)を見たときに、答案構成についての議論がなされていました。

その中では、そもそも答案構成をしない! と推奨している弁護士の方がいらっしゃいました。

実際の受験生はというと、しない人が1人。少しする程度が4人いる程度で、

がっつりと答案構成をしている人は案外少なかったです。

ただ、僕が教わった先輩は、答案構成に40分かける方でした。

そのかわり、ノンストップで答案を書き続けるそうです。

 

まとめると、答案構成の方法としては、大きく次の3つに分かれるでしょう。

・答案構成はせず、頭で考える

・大枠の答案構成はする。

・がっつり答案構成をしてあとは書き続ける。

 

僕は、科目によっても答案構成の仕方を変えてもいいと思います。

例えば、民法や刑事訴訟法。

設問が2〜3ありますが、各設問は最近の傾向を見るとどれも独立しています。

最初、一気に答案構成をしたのですが、答案構成を書き終える頃には、最初の設問を忘れていました。(笑)

これはタイムロスですね。

ですので、科目によっては設問ごとに答案構成→答案を書く を繰り返したら良いのではないかと思いました。

 

答案構成で最も気をつけること

答案構成をする意味は、2時間という時間の中で、どの論点をどのくらい割り振るかにあると思います。

聞いた話によると、ちゃんとした論証を全部の論点で吐き出すと、16枚ほど枚数が必要な時があるらしいです。

(1枚A4サイズ、片面)

ということは、一番重要な論点を見つけ出し、バランスよく論じることが求められています(採点実感などにも書かれています。)

その際、答案構成が役に立つというわけです。

この論点を書くには、このくらいの紙面を使うな、とか、この論点は今回は主要論点ではないので、軽くでいいや、とかを把握するということです。

 

まとめ

答案構成の仕方などは、やはり実践あるのみですね・・・たくさん論文を書いて感覚を身に付けるのが最良の方法なのでしょう。

 

関連記事

  1. 法律資格の教科書サイトリニューアルのお知らせ
  2. 勉強の成績が悪くても一切ヤバイと思わない人向けヤバイと思う方法(…
  3. 資格スクエアの司法試験・予備試験講座を徹底的に検証してみた201…
  4. 司法試験の日程と試験科目及び時間割についてまとめ2017
  5. 民法の教科書は何を選べばいい??初心者にもわかりやすい基本書とは…
  6. 法科大学院日記 vo.1 ガイダンス
  7. 新司法試験論文で問題提起はどのくらい書いたら良いか
  8. 平成28年度司法試験速報とまとめ!これからどうなる?2016

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー記事一覧

おすすめ記事

  1. 2018年司法試験の合格発表を受けて
  2. 資格スクエアの司法試験・予備試験講座を徹底的に検証してみた2018
  3. 民訴短答知識まとめ「除斥・忌避・回避」の違い
  4. 絶対に理解すべき終局判決と確定判決の違い「民事訴訟法」
  5. 勉強の成績が悪くても一切ヤバイと思わない人向けヤバイと思う方法(笑)
  6. 平成30年(2018年)予備試験短答式試験最新情報 解答速報情報あり。
  7. 公判前整理手続の対象事件とは(条文)
  8. 平成29年予備試験短答「憲法」の解答と肢別解説
  9. 新司法試験行政法の解説書・参考答案のおすすめ2017
  10. ブログ更新再開・・・したいの巻

刑事訴訟法おすすめ基本書 リーガルクエスト

刑法総論おすすめ基本書1 基本刑法1総論

刑法各論おすすめ基本書「刑法各論西田」

行政法おすすめ基本書「基本行政法」

民事訴訟法おすすめ基本書「基礎からわかる民事訴訟法」

憲法おすすめ基本書「芦部憲法」

会社法おすすめ基本書「リーガルクエスト」

オススメ書籍

最新記事10選

勉強のやる気がなくなったら見て欲しい映画

オススメ書籍

PAGE TOP