行政法

行政法の重要基礎知識について、軽くまとめてみました!

行政法の重要基礎知識について

今回は、なんだかんだテストに出るのはここだろ、という分野についての超重要基礎知識についてまとめてみました。

1 法律による行政の原理について

法律による行政の原理とは、行政活動が法律に基づいて行われるべきと言う内容を示す行政講学上の基本的な原理出る。

ドイツの行政法学者のオットーマイヤーによれば、その内容は、

① 法律の法規創造力

② 法律の優位

③ 法律の留保

の3つに具体化されている。

①は、立法府の作成する法律のみが法規、すなわち国民の権利を制限し、義務を課す規範を創設しうるという内容であり、行政府による独立命令の禁止を要請する。

②は、あらゆる行政活動が、法律に反してはならないことを意味する。

③は、一定の行政活動には法律の根拠を要するという考え方であり、我が国では侵害行政についてのみ法の根拠を要するという侵害留保説が取られている。

スポンサーリンク



 

2 行政行為の公定力について

行政行為の公定力とは、違法な(瑕疵ある)行政行為であっても、権限ある機関が取消をするまで仮に有効とみなされるという、行政行為にのみ認められた特殊な力を言う。

この公定力により認められた行政行為の効力を失わせるために私人は取消訴訟を提起しなければならないが、この争訟上の取消には出訴期間の制約が課され、期間経過後は私人からその取消を争うことができなくなる。これを行政行為の不可争力という。

行政行為の公定力と不可争力は、かつては公信力という考え方により根拠づけられていたが、現在では行政事件訴訟法の抗告訴訟制度にその根拠があると説明されている

 

3 違法性の承継について

違法性の承継は、公定力と不可争力が認められているからこそ、2つの連続する処分の間で違法性が承継されるかの議論。

先行行為の違法性は先行行為の出訴期間内に先行行為の取消訴訟で争えというのが原則であるから、後行行為の処分の取消の訴訟で先行行為の違法性は原則主張できないと言われている。

違法な瑕疵については二段階のレベルがあり、通常は、取消得べき瑕疵である。取消事由たる瑕疵と無効事由たる瑕疵があり、無効事由たる瑕疵はもう効力がないとみなすので公定力の限界や不可争力にもかからないので、いつでも争うことができる。

 

4 取消と撤回について

瑕疵ある行政行為につき、行政庁が行う取消を職権取消という。この職権取消は、取消と撤回に学問上区分されている。

取消とは、処分成立時から当該処分に瑕疵が存在していた場合に行われるものであり、その取消には遡及効が認められ、当該処分の成立時に遡って、その効果が生じる。

一方撤回とは、当該処分の成立時には瑕疵がなく、時の流れの中で当該処分に後発的な瑕疵が生じた場合に行われるものである。

撤回の効果は遡求せず、撤回の時から処分の効果が消滅することになる。
スポンサーリンク



 

5 行政裁量

行政裁量とは、行政活動をなすにあたり、立法が行政に認めた判断の幅を指す概念である。

かつて学説では、この裁量には司法統制の及ばない広範な裁量があると整理され、前者についてはその裁量の所在を法律の要件に認める要件裁量説と、行政活動の効果に認める効果裁量説とが対立していた。

現在では、行政事件訴訟法30条は裁量の逸脱濫用がある場合には当該行政活動は違法になるという規定を置いており、学説上の自由裁量という概念は規制されていると考えられる。

 

簡単にまとめるとこんな感じです。

別回で、それぞれについて、判例をまとめ、論証などを作っていきたいと思います。

 

関連記事

  1. 新司法試験行政法の解説書・参考答案のおすすめ2017

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー記事一覧

おすすめ記事

  1. 公判前整理手続の対象事件とは(条文)
  2. 個人でサイトを作成して広告収入を得るモデルを確立させるにはどうしたらよいか。
  3. 平成29年予備試験短答「憲法」の解答と肢別解説
  4. 新司法試験行政法の解説書・参考答案のおすすめ2017
  5. 保護中: Line@登録者限定プレゼント
  6. ブログ更新再開・・・したいの巻

刑事訴訟法おすすめ基本書 リーガルクエスト

刑法総論おすすめ基本書1 基本刑法1総論

刑法各論おすすめ基本書「刑法各論西田」

行政法おすすめ基本書「基本行政法」

民事訴訟法おすすめ基本書「基礎からわかる民事訴訟法」

憲法おすすめ基本書「芦部憲法」

会社法おすすめ基本書「リーガルクエスト」

オススメ書籍

最新記事10選

勉強のやる気がなくなったら見て欲しい映画

オススメ書籍

PAGE TOP