法科大学院

法科大学院は本当に意味がないのか?

法科大学院は行っても意味がない??

現在法科大学院既習1年に通っています。

大学時代に、先輩等から、法科大学院はもう意味がない、予備試験合格こそが本当の価値あるものだ、と言われてきました。

本当にそうでしょうか?

 

法科大学院の志願者が激減

法科大学院の志願者が毎年減り続けています。

これは司法試験予備校が予備試験を推していること、法科大学院の授業料が高い割に、司法試験の合格率が悪いこと、そもそも、法曹になる魅力がなくなっているなど様々な理由が考えられると思います。

そんなことを言われながら、僕は法科大学院に通っているわけです。(ちーん←)

 

実際に法科大学院の授業を受けてみて

学校によって、授業内容が異なるのは当然ですが、僕の場合は、授業は役に立つものが多いと感じています。

例えば、自分一人で本を読んでいるだけではどうしてもわからない実務のことや、

授業を受けることで、基礎知識で重要な所をもう一度考えなおすきっかけになっています。

授業に参加することで、実務に出てから知らなければならない最低限の知識は何かを勉強することができます。

ところで、知恵袋でこんな解答を見つけました。

スポンサーリンク



 

「法科大学院の意味がないから仕方がないよね。。。

高い金払って進む意義が無い。

法科大学院行かなくても予備試験受けたら終了。

基本は法科大学院に行かないといけないのに、予備試験合格したらOKという制度そのものが矛盾なんだよね。

時間・金が掛かるうえに司法試験でメリットがない法科大学院の存在意義は無い。

法務を学びたいマニアだけが行くんじゃないか?」

 

もちろん、予備試験が悪いとは思いません。あんな難しい試験に受かる人は本当にすごいなと思います。

でもかと言って、法科大学院自体が悪いとは全然思いません。

たしかに、法科大学院を出ても、司法試験に受かる割合は低いです。

東大ですら合格率50%って・・・

でも、法科大学院をどう生かせるかは、その人個人個人の問題ではないでしょうか。

 

落ちるも受かるも、結局その人次第。。。

 

もし法科大学院に行かず、一人で予備試験の勉強をしてたら、一生受からないかなと思いました(笑)

凡人の僕には必要ですね!笑

 

授業で学ぶこと、結構僕は役に立つので好きですよ!!!←

 

 

 

関連記事

  1. 法科大学院で使用する教科書 〜刑事訴訟法編〜
  2. 法学部 司法試験勉強用の六法は何を選べばいい?六法比較
  3. 法科大学院で使用する教科書 〜憲法編〜
  4. 法科大学院で使用する教科書 〜民法編〜
  5. 資格スクエアの司法試験・予備試験講座を徹底的に検証してみた201…
  6. 法科大学院入試適性試験廃止は2018年度からか
  7. 中央大学法科大学院 補欠合格 平成27年 中央ローの補欠合格の状…
  8. 首都大学東京法科大学院の3次面接の注意点と合格への道筋

コメント

    • まさちん
    • 2016年 11月 01日

    制度として必要か個人として利益を受けるから必要かは別じゃね
    あんた法曹目指してる割に客観的な考えできなさそうね

      • gakkimohimohi
      • 2016年 11月 03日

      そうですね。客観的に考えること、僕はそもそもそんなに好きじゃないかもしれないですね。笑

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー記事一覧

おすすめ記事

  1. 2018年司法試験の合格発表を受けて
  2. 資格スクエアの司法試験・予備試験講座を徹底的に検証してみた2018
  3. 民訴短答知識まとめ「除斥・忌避・回避」の違い
  4. 絶対に理解すべき終局判決と確定判決の違い「民事訴訟法」
  5. 勉強の成績が悪くても一切ヤバイと思わない人向けヤバイと思う方法(笑)
  6. 平成30年(2018年)予備試験短答式試験最新情報 解答速報情報あり。
  7. 公判前整理手続の対象事件とは(条文)
  8. 平成29年予備試験短答「憲法」の解答と肢別解説
  9. 新司法試験行政法の解説書・参考答案のおすすめ2017
  10. ブログ更新再開・・・したいの巻

刑事訴訟法おすすめ基本書 リーガルクエスト

刑法総論おすすめ基本書1 基本刑法1総論

刑法各論おすすめ基本書「刑法各論西田」

行政法おすすめ基本書「基本行政法」

民事訴訟法おすすめ基本書「基礎からわかる民事訴訟法」

憲法おすすめ基本書「芦部憲法」

会社法おすすめ基本書「リーガルクエスト」

オススメ書籍

最新記事10選

勉強のやる気がなくなったら見て欲しい映画

オススメ書籍

PAGE TOP