コーヒーブレイク

商法の口語化決定!六法の口語化はいつか。

商法の口語化決定!六法の口語化はいつか。

法制審議会の部会が27日、商法改正の要綱案を全会一致で了承した。

口語化?どういうこと?そんなニュースになる程のことなの?

とお思いの方。

ざっくり簡単にこれから説明します。

 

まず、六法について。

六法ってみなさんご存知ですか?

「六法全書」の六法でしょ?

そう、その通りです。

六法とは、

民法憲法刑法刑事訴訟法民事訴訟法商法の6つの法分野のことを指します。

法分野なので、

例えば、民法の特別法である借地借家法も六法に含まれますし、会社法は商法としての位置づけになります。

まあ、ざっくりわけて、6つあると言うことです。

スポンサーリンク



口語化ってどういうこと?

例えば、商法の一部分。今回、口語化されます。

これにより、六法のすべてが口語化されたことにより、

かなり読みやすくなったと言う訳です。

そもそも、

商法は明治期の1899年に制定された古い法律で、商法の「総則」と言われる部分は、

最近既に口語化されていました。

しかし、商法の中の、運送営業や海上保険など、およそ300条に渡る部分が、

いまだ古い言葉で書かれていたため、とても読みづらいし、分かりにくかったのです。

   

こういうのが、永遠に続きます・・・(笑)

鬱になりますよね(笑)

 

そんな商法も2017年までに口語化完了

今回、口語化に踏み切った理由がある。

運送営業の規定を見直すことが予定されているため、

それにあわせて、法務省は、口語化に踏み切ることにしたようだ。

 

例えば、乗船券に関する条文の場合、「記名ノ乗船切符ハ之ヲ他人ニ譲渡スコトヲ得ス」を、

「記名の乗船切符は他人に譲渡することができない」

など、読みやすい現代語に書き換える。

カタカナ文語体では、非常に分かりにくかったため、

口語化は必須とされていた。

今回は、商法のこの部分が口語化されることによって、

六法全部が口語化完了するとのことで、

ニュースとなった。

 

〜編集後記〜

まあ普通の人からしてみれば、そもそも条文なんて読みませんよね(笑)

法律の本来の目的は、誰が読んでも条文の意味が分かる、ということにあると思います。

カタカナ文語体だと誰も読む気がしませんよね(笑)

今回を機に、すこし条文に眼を通してみるのも、おもしろいのではないでしょうか。

 

 

関連記事

  1. 渋谷のオススメ家系らーめん「大和田」に行ってきた!
  2. 大手塾のブラックバイト、ついに「明光義塾」に是正勧告。どう思う?…
  3. 平成28年司法試験・短答式試験結果速報2016
  4. 司法試験予備校比較と口コミ・検証
  5. 2018年司法試験の合格発表を受けて
  6. 勉強の成績が悪くても一切ヤバイと思わない人向けヤバイと思う方法(…
  7. 勉強中のオススメ癒しアイテム
  8. くまモンの人形焼を無許可容疑で書類送検、著作権法違反

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー記事一覧

おすすめ記事

  1. 2018年司法試験の合格発表を受けて
  2. 資格スクエアの司法試験・予備試験講座を徹底的に検証してみた2018
  3. 民訴短答知識まとめ「除斥・忌避・回避」の違い
  4. 絶対に理解すべき終局判決と確定判決の違い「民事訴訟法」
  5. 勉強の成績が悪くても一切ヤバイと思わない人向けヤバイと思う方法(笑)
  6. 平成30年(2018年)予備試験短答式試験最新情報 解答速報情報あり。
  7. 公判前整理手続の対象事件とは(条文)
  8. 平成29年予備試験短答「憲法」の解答と肢別解説
  9. 新司法試験行政法の解説書・参考答案のおすすめ2017
  10. ブログ更新再開・・・したいの巻

刑事訴訟法おすすめ基本書 リーガルクエスト

刑法総論おすすめ基本書1 基本刑法1総論

刑法各論おすすめ基本書「刑法各論西田」

行政法おすすめ基本書「基本行政法」

民事訴訟法おすすめ基本書「基礎からわかる民事訴訟法」

憲法おすすめ基本書「芦部憲法」

会社法おすすめ基本書「リーガルクエスト」

オススメ書籍

最新記事10選

勉強のやる気がなくなったら見て欲しい映画

オススメ書籍

PAGE TOP