法科大学院適性試験

法科大学院、適性試験で高得点を取るためには。上位ロー生体験談。




法科大学院、適性試験で高得点を取るためには。上位ロー生体験談。

今回は、法科大学院適性試験で、すばらしい点数を取った友人2人に、勉強の仕方、どのように問題を解いたかを、対談形式で聞いてきました。

2人ともありがとう!!

対談者の紹介

まず、2人の友人を紹介します。

① けいこちゃん(以下K)

268/300点

上位ローに最終合格。

② まなぶくん (以下M)

242/300点

こちらも上位ローに最終合格。

 

点数すごいですね(笑)

 

ちなみに僕の点数は、204点です。最終的に首都大学東京法科大学院に行きます。

 

質問1 いつごろから勉強をはじめましたか?

K:問題をはじめて見たのは、大学3年の12月です。

M:僕も同じくらいですね。

K:んで、解き始めたのが、2〜3月。

M:ちゃんと解いたのは、4年の4月。冬に解いたら、案外とれてしまったので(笑)

 

僕もこんな感じですね〜 ちなみに僕は、最初、80点でした。足切り足切り(笑)

ヤバいと思って、4、5、6月は、友達としっかり対策を練ってました。

 

質問2 第一部について

K:普通に最初から解いていって、大体5分余る感じでした。悩んだ選択肢は暫定で選択しておいて、後で戻ってきました。

正直、感覚で解いてました(笑)

M:分からない問題は飛ばして解いて、時間ほぼぴったりでした。解いた問題は間違わないようにしましたよ。

 

僕も分からない問題は、さっと飛ばして、次にいきました。ちなみに、時間は足りず、3、4問適当にマークした感じでした。ただ、本番は、時間ピッタリに終わりましたね。

 

質問3 第二部について

K:まず、それぞれの問題の半分は解けるようにしました。時間は、あまりませんでした。

M:あたりはずれがあったので、解けるときは解けて、解けないときは解けませんでした。

 

僕も、おんなじ感じですが、2部は結構苦戦しました。というのも、過去問で、どう頑張っても難しく、ひらめきがないと難しい問題があったからです。ただ、これも過去問を解き続けて、対策を練れば、結構とれるようになってきます。

 

質問4 第3部について

K、M、共に:センター試験の国語と同じ感じなので、楽でした。だいたいすっと分かりました。

ちなみに、K・Mとも、センター試験は9割超えていたみたいです。

ちなみに僕は、130点でした(笑) センター試験。

極度に国語が苦手でした。(です。)

僕は、どうあがいても、第3部は、平均程度しかとれませんでした。

 

〜まとめ〜

 

適性試験で、高得点を取れる人は、

感覚的に解いている。

つまり、それだけの国語力がある人です。

僕みたいに、国語が出来ない人は、

240点以上をとることは、かなり難しいでしょう。

でも、僕でも200点超えましたし、

私立であれば、正直、そこまで適性試験の点数は響いてきません。

 

なので、足切りやばい・・・・って思っている人は、

しっかりと過去問を解いて、対策して、

本番を迎えるようにしましょう。

 

ちなみに、今回対談した人は、過去問5年分くらいしかしなかったみたいです。

 

苦手な人は、10年はやった方がいいと思います。

 

あまり、役に立つか分かりませんが、

 

適性試験受験者のみなさんに参考になれば嬉しいです。

関連記事

  1. 法科大学院入試適性試験廃止は2018年度からか
  2. 2015年 第2回 法科大学院適性試験前日! 大雑把予想と復習!…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー記事一覧

おすすめ記事

  1. 保護中: Line@登録者限定プレゼント
  2. ブログ更新再開・・・したいの巻

刑事訴訟法おすすめ基本書 リーガルクエスト

刑法総論おすすめ基本書1 基本刑法1総論

刑法各論おすすめ基本書「刑法各論西田」

行政法おすすめ基本書「基本行政法」

民事訴訟法おすすめ基本書「基礎からわかる民事訴訟法」

憲法おすすめ基本書「芦部憲法」

会社法おすすめ基本書「リーガルクエスト」

オススメ書籍

最新記事10選

勉強のやる気がなくなったら見て欲しい映画

オススメ書籍

PAGE TOP