憲法 判例を読む

憲法判例百選 25 酒類製造免許と酒を作る権利(どぶろく裁判)

「問題」:酒税法で免許制にしていることは、酒を造る権利を侵害しないか。

「判旨」:国の重要な財政収入である酒税の聴衆を確保するため、製造目的のいかんを問わず、酒類を一律に免許の対象とした上、これに違反した者を処罰することとした。これは、立法府の裁量権を逸脱し、著しく不合理であることが明白であるとは言えない。

「基準」:経済的自由ととらえるなら、明白性の原則を採用。

「考察」:

関連記事

  1. 憲法判例百選 7 外国人の社会保障 (塩見訴訟)
  2. 憲法判例百選 5 外国人の地方参政権
  3. 憲法判例百選 14 私的団体における女性差別(女子若年定年制事件…
  4. 憲法判例百選 15 公務員の「政治的行為」と刑罰(猿払事件上告審…
  5. 憲法判例百選 24 車内広告放送と「とらわれの聴衆」
  6. 憲法判例百選2 外国人の政治活動の自由
  7. 憲法判例百選3 外国人の再入国の自由
  8. 憲法 えんしゅう本 9 自己決定権

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー記事一覧

おすすめ記事

  1. 公判前整理手続の対象事件とは(条文)
  2. 個人でサイトを作成して広告収入を得るモデルを確立させるにはどうしたらよいか。
  3. 平成29年予備試験短答「憲法」の解答と肢別解説
  4. 新司法試験行政法の解説書・参考答案のおすすめ2017
  5. 保護中: Line@登録者限定プレゼント
  6. ブログ更新再開・・・したいの巻

刑事訴訟法おすすめ基本書 リーガルクエスト

刑法総論おすすめ基本書1 基本刑法1総論

刑法各論おすすめ基本書「刑法各論西田」

行政法おすすめ基本書「基本行政法」

民事訴訟法おすすめ基本書「基礎からわかる民事訴訟法」

憲法おすすめ基本書「芦部憲法」

会社法おすすめ基本書「リーガルクエスト」

オススメ書籍

最新記事10選

勉強のやる気がなくなったら見て欲しい映画

オススメ書籍

PAGE TOP