憲法 判例を読む

憲法判例百選 24 車内広告放送と「とらわれの聴衆」

「問題」:電車内の商業宣伝放送は、一方的に聴取を強制するものであり、人格権(憲法13条)を侵害するものではないか。

「判旨」:原審を肯定し違法性はないとした。「日常生活において、〜しないという自由を有しているが、時所を選ばずに右のような自由を完全に享受しうることは実際問題として不可能であり、総合的に判断して違法かどうかを判断するしかない。

「学説」:「とらわれの聞き手」を憲法13条の幸福追求権の一内実たる「静穏のプライヴァシー」の問題ととらえるのが有力。

 

関連記事

  1. 憲法判例百選 13 私立大学と基本的人権(昭和女子大事件)
  2. 法人の人権共有主体性(八幡製鉄事件)
  3. 憲法判例百選 21 前科照会回答とプライヴァシーの権利
  4. 憲法判例百選 14 私的団体における女性差別(女子若年定年制事件…
  5. 憲法判例百選 6 外国人の公務就任権
  6. 憲法判例百選2 外国人の政治活動の自由
  7. 憲法判例百選 8 国籍条項の合憲性
  8. 憲法判例百選 18 未決拘禁者の閲読の自由(よど号ハイジャック記…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー記事一覧

おすすめ記事

  1. 公判前整理手続の対象事件とは(条文)
  2. 個人でサイトを作成して広告収入を得るモデルを確立させるにはどうしたらよいか。
  3. 平成29年予備試験短答「憲法」の解答と肢別解説
  4. 新司法試験行政法の解説書・参考答案のおすすめ2017
  5. 保護中: Line@登録者限定プレゼント
  6. ブログ更新再開・・・したいの巻

刑事訴訟法おすすめ基本書 リーガルクエスト

刑法総論おすすめ基本書1 基本刑法1総論

刑法各論おすすめ基本書「刑法各論西田」

行政法おすすめ基本書「基本行政法」

民事訴訟法おすすめ基本書「基礎からわかる民事訴訟法」

憲法おすすめ基本書「芦部憲法」

会社法おすすめ基本書「リーガルクエスト」

オススメ書籍

最新記事10選

勉強のやる気がなくなったら見て欲しい映画

オススメ書籍

PAGE TOP