憲法 判例を読む

憲法判例百選 20 被疑者の写真撮影と肖像権(京都府学連事件)

「問題」:警察官がデモの様子を写真撮影することは、憲法13条に反するか。

 

「判旨」:憲法13条は、国民の私生活上の自由が、警察権等の国家権力の行使に対しても保護されるべきことを規定している。そして、何人も、その承諾なしに、みだりにその容ぼうを撮影されない自由を有するものというべきである。少なくとも、警察官が、正当な理由もないのに、個人の容貌等を撮影することは、憲法13条の趣旨に反し、許されない。しかしながら、個人の有する自由も、国家権力の行使から、無制限に保護されるわけでなく、公共の福祉のため必要ある場合には、相当の制限を受けることは同条の規定に照らして明らかである。そこで、警察官による写真撮影が許容されるためには、⑴現に犯罪が行われ、若しくは行われた後間がないと認められる場合であって、⑵しかも、証拠保全の必要性及び緊急性があり、⑶かつその撮影が、一般的に許容される限度を超えない相当な方法をもって行われるときである。

 

「基準」:厳格な合理性の基準を採用か。

 

「考察」:

関連記事

  1. 憲法判例百選 24 車内広告放送と「とらわれの聴衆」
  2. 憲法判例百選 9 戦後補償
  3. 憲法判例百選 5 外国人の地方参政権
  4. 憲法判例百選28  空港の騒音公害と人格権(大阪空港公害訴訟)
  5. 憲法判例百選 15 公務員の「政治的行為」と刑罰(猿払事件上告審…
  6. 憲法判例百選 19 幸福追求権
  7. 憲法判例百選 27 自己決定権と信仰による輸血拒否
  8. 憲法判例百選 25 酒類製造免許と酒を作る権利(どぶろく裁判)

カテゴリー記事一覧

おすすめ記事

  1. 2018年司法試験の合格発表を受けて
  2. 資格スクエアの司法試験・予備試験講座を徹底的に検証してみた2018
  3. 民訴短答知識まとめ「除斥・忌避・回避」の違い
  4. 絶対に理解すべき終局判決と確定判決の違い「民事訴訟法」
  5. 勉強の成績が悪くても一切ヤバイと思わない人向けヤバイと思う方法(笑)
  6. 平成30年(2018年)予備試験短答式試験最新情報 解答速報情報あり。
  7. 公判前整理手続の対象事件とは(条文)
  8. 平成29年予備試験短答「憲法」の解答と肢別解説
  9. 新司法試験行政法の解説書・参考答案のおすすめ2017
  10. ブログ更新再開・・・したいの巻

刑事訴訟法おすすめ基本書 リーガルクエスト

刑法総論おすすめ基本書1 基本刑法1総論

刑法各論おすすめ基本書「刑法各論西田」

行政法おすすめ基本書「基本行政法」

民事訴訟法おすすめ基本書「基礎からわかる民事訴訟法」

憲法おすすめ基本書「芦部憲法」

会社法おすすめ基本書「リーガルクエスト」

オススメ書籍

最新記事10選

勉強のやる気がなくなったら見て欲しい映画

オススメ書籍

PAGE TOP