憲法 判例を読む

法人の人権共有主体性(八幡製鉄事件)

「問題」:法人にも人権共有主体性が認められるか。(政治献金の自由、参政権)

「判旨」:会社が、納税の義務を有し自然人たる国民と等しく国税の負担に任ずるものである以上、納税者たる立場において、国や地方公共団体の施策に対し、意見の表明その他の行動に出たとしても、これを禁圧すべき理由はない。のみならず、憲法第三章に定める国民の権利及び義務の各条項は性質上可能な限り内国の法人にも適用される。

憲法上は、公共の福祉に反しない限り、会社と言えども政治資金の寄附の自由を有し・・・。

「考察」:

関連記事

  1. 憲法判例百選 22 講演会参加者リストの提出とプライヴァシー侵害…
  2. 憲法判例百選2 外国人の政治活動の自由
  3. 憲法判例百選 6 外国人の公務就任権
  4. 憲法判例百選 20 被疑者の写真撮影と肖像権(京都府学連事件)
  5. 憲法判例百選 30 尊属殺重罰と法の下の平等
  6. 憲法判例百選 4 指紋押捺制度の合憲性
  7. 憲法判例百選 8 国籍条項の合憲性
  8. 憲法判例百選 16 被拘禁者の喫煙の禁止

カテゴリー記事一覧

おすすめ記事

  1. 公判前整理手続の対象事件とは(条文)
  2. 個人でサイトを作成して広告収入を得るモデルを確立させるにはどうしたらよいか。
  3. 平成29年予備試験短答「憲法」の解答と肢別解説
  4. 新司法試験行政法の解説書・参考答案のおすすめ2017
  5. 保護中: Line@登録者限定プレゼント
  6. ブログ更新再開・・・したいの巻

刑事訴訟法おすすめ基本書 リーガルクエスト

刑法総論おすすめ基本書1 基本刑法1総論

刑法各論おすすめ基本書「刑法各論西田」

行政法おすすめ基本書「基本行政法」

民事訴訟法おすすめ基本書「基礎からわかる民事訴訟法」

憲法おすすめ基本書「芦部憲法」

会社法おすすめ基本書「リーガルクエスト」

オススメ書籍

最新記事10選

勉強のやる気がなくなったら見て欲しい映画

オススメ書籍

PAGE TOP