既習者試験対策

2012年 既習者試験 刑法 対策

2012年 既習者試験 刑法

1 責任能力の判断方法

2 共犯と錯誤

3 危険の引受の法的性格 ダートトライアル同乗者死亡事件

4 正当防衛成立要件 「積極的加害意思」は急迫性の要件を欠く

5 刑法の場所的適用範囲 1条1項

6 牽連犯 恐喝の手段として監禁が行われても牽連犯の関係にはない

7 窃盗罪の実行の着手   財物があることを知って、手を差し伸べれば実行の着手にある。

8 隔離犯と錯誤 日本酒事案

9 不作為の放火 既発の火力により建造物が焼損されることの意思は必要ない

10 偽造罪の「偽造」の意味

11 233条 信用毀損罪

12 共同正犯と過剰防衛 正当防衛の交錯

13 詐欺罪における財産的存在

14 背任罪 他人のためにその事務を処理する者の意義

15 208条 暴行罪の暴行の意義 人の身体に対する不法な攻撃

16 刑法28条 仮釈放 は裁判所ではなく、行政官庁の処分

17 不能犯 殺人ではなくても傷害が成立する余地はあり

18 共謀共同正犯の扱い

19 強盗罪の成否 緊縛状態を解消しない限り、違法な自由侵害状態に乗じた財物の取得は、強盗罪に当たる。

20 不動産侵奪罪 占有の継続×

21 違法性の意識 制限故意説

22 公務執行妨害 間接的に司法巡査に対するものでもよい。

23 横領罪と背任罪

24 正当防衛

25 判例はウェーバーの概括的故意   因果関係の錯誤については言及していない。

 

関連記事

  1. 2011年 既習者試験 刑法 考察
  2. 2013年 既習者試験 民法 対策
  3. 2012年 既習者試験 民法 対策
  4. 2013年 既習者試験 刑法 対策
  5. 2011年 既習者試験 憲法 対策
  6. 2013年 既習者試験 憲法 対策

カテゴリー記事一覧

おすすめ記事

  1. 資格スクエアの司法試験・予備試験講座を徹底的に検証してみた2018
  2. 民訴短答知識まとめ「除斥・忌避・回避」の違い
  3. 絶対に理解すべき終局判決と確定判決の違い「民事訴訟法」
  4. 勉強の成績が悪くても一切ヤバイと思わない人向けヤバイと思う方法(笑)
  5. 平成30年(2018年)予備試験短答式試験最新情報 解答速報情報あり。
  6. 公判前整理手続の対象事件とは(条文)
  7. 平成29年予備試験短答「憲法」の解答と肢別解説
  8. 新司法試験行政法の解説書・参考答案のおすすめ2017
  9. ブログ更新再開・・・したいの巻

刑事訴訟法おすすめ基本書 リーガルクエスト

刑法総論おすすめ基本書1 基本刑法1総論

刑法各論おすすめ基本書「刑法各論西田」

行政法おすすめ基本書「基本行政法」

民事訴訟法おすすめ基本書「基礎からわかる民事訴訟法」

憲法おすすめ基本書「芦部憲法」

会社法おすすめ基本書「リーガルクエスト」

オススメ書籍

最新記事10選

勉強のやる気がなくなったら見て欲しい映画

オススメ書籍

PAGE TOP