刑法各論

刑法各論シリーズ 第11回 〜財産罪〜 横領罪 part1

横領罪も論点多いので、いくつかに分けようと思います。

本日は、構成要件の① ②(下を参照) に関わるものを検討したいと思います。

 

252条(横領)

1 自己の占有する他人の物を横領した者は、5年以下の懲役に処する。

2 自己の物であっても、公務所から保管を命ぜられた場合において、これを横領した者も、前項と同様とする。


253条 (業務上横領)

業務上自己の占有する他人の物を横領した者は、十年以上の懲役のに処する。


〜 横領罪 〜

単純横領罪(252条)

⑴保護法益:所有権その他の本権

252条2項の公務所から保管を命じられた自己の物に対する場合は、公務所の命令に基づく物の管理の安全

横領の罪は、いずれも他人の占有を害するものではないことに注意。

 

⑵構成要件:

①「自己の占有する」

②「他人のものを」

③ 委任信任関係に背いて(解釈、条文には無い)

④「横領」すること

 

①「自己の占有する」

占有:事実上の支配のみならず、法律上の支配も含む

→横領罪の本質は委任信任関係を害する点に有るから、かかる委任信任関係を破壊するような濫用のおそれのある支配力が重要となる。

法律上の支配の例:不動産の登記名義人、銀行預金の名義人(お金は会社のお金)

 

②「他人の物を」

他人の物:行為者以外の自然人または法人の所有に属する物

 


☆ 使途を定めた金銭を費消する行為について

使途を定めて寄託された金銭を費消する行為について横領罪が成立するか。本件金銭は使途を定めた寄託された金銭である。かかる金銭も「他人の物」にあたるか。使途を定めた金銭が「他人の物」と言えるかが、民法上金銭の所有と占有が一致することから問題となる。
まず、民法と刑法は目的が別個であるから、異なる解釈も許されると解する。そして、民法では金銭の占有と所有権の所在が一致するとしても、刑法上は、使途を定めて寄託された金銭である以上流用してはならないという寄託者の意思が保護されるべきであると考えられる。よって、刑法上は、委託された金銭の所有権は、委託者にあたるものと解する。

したがって、使途を定めた金銭は「他人の物」にあたると解する。


 

☆ 不法原因給付と横領

(事案)Xは、Yから覚せい剤の購入を依頼され、同人から資金として100万円を預かっていたが、覚せい剤は買わず、自己の借金の返済に当てた。

問題の所在:民法上保護されない利益を、刑法上保護すべきか。

横領罪肯定説(判例)

本問は不法原因給付物である。そこで、不法原因給付物が「他人の物」にあたるか。民法上不法原因給付による金銭を着服しても給付者・委託者は民法上請求出来ず、(民法708条)、その反射的効果として所有権が移転すると解されていることから問題となる。まず、私人間の利益調整を主眼とする民法の解釈と、行為者の処罰の可否を論ずる刑法の解釈とが必ずしも一致する必要は無い。

そして、本罪の保護法益は所有権その他の本権にあるところ、外形上所有権の侵害となるような行為を処罰して所有権の保護を図る為に、不法原因給付物の領得行為に当罰性を認めるべきである。

そこで、不法原因給付物も、「他人の物」にあたると解する。

 


今回参照した基本書・問題集

刑法各論 第6版 (法律学講座双書)

 

短答肢別本〈7〉刑事系刑法〈平成24年版〉

判例百選。

 

関連記事

  1. 刑法 各論シリーズ 第15回 〜財産罪〜 遺失物横領罪 254条…
  2. 刑法各論シリーズ 第3回目 〜公衆の安全に対する罪 騒乱罪 放火…
  3. 刑法各論シリーズ 第二回目 公衆の安全に対する罪 〜騒乱罪、放火…
  4. 刑法各論シリーズ 第6回 〜財産罪〜 強盗罪
  5. 刑法各論シリーズ  第12回 〜財産罪〜 横領罪part2
  6. 刑法各論シリーズ 第7回 〜財産罪〜 詐欺罪part1
  7. 刑法各論シリーズ第10回 〜財産罪〜 恐喝罪
  8. 刑法各論シリーズ 第13回 〜財産罪〜 横領罪part3 業務上…

カテゴリー記事一覧

おすすめ記事

  1. 公判前整理手続の対象事件とは(条文)
  2. 個人でサイトを作成して広告収入を得るモデルを確立させるにはどうしたらよいか。
  3. 平成29年予備試験短答「憲法」の解答と肢別解説
  4. 新司法試験行政法の解説書・参考答案のおすすめ2017
  5. 保護中: Line@登録者限定プレゼント
  6. ブログ更新再開・・・したいの巻

刑事訴訟法おすすめ基本書 リーガルクエスト

刑法総論おすすめ基本書1 基本刑法1総論

刑法各論おすすめ基本書「刑法各論西田」

行政法おすすめ基本書「基本行政法」

民事訴訟法おすすめ基本書「基礎からわかる民事訴訟法」

憲法おすすめ基本書「芦部憲法」

会社法おすすめ基本書「リーガルクエスト」

オススメ書籍

最新記事10選

勉強のやる気がなくなったら見て欲しい映画

オススメ書籍

PAGE TOP