予備試験

民訴短答知識まとめ「除斥・忌避・回避」の違い

忌避・除斥・回避の意味

除斥:

23条1項。「裁判官は、次に掲げる場合には、その職務の執行から除斥される。」

1号〜6号の事由がある。

簡単に言うと、裁判官が、身内や利害関係人である場合に外されるという感じ。

忌避:

24条1項。「裁判官について裁判の構成を妨げるべき事情がある時は、当事者は、その裁判官を忌避することができる。」

除斥には該当しないけど、裁判について、公平さを失うような事情がある場合に裁判官は当該裁判から外されます。

 

回避:

裁判官が、除斥・忌避の原因がある場合に、裁判官自らが担当から外れる制度。



短答で間違えやすいポイントまとめ

*除斥と忌避の違いは、忌避は当事者の申し立てがない場合には職権でこれを行うことはできない。(24条1項)

*除斥原因の「前審の裁判に関与した時」(23条1項6号)とは、「前審の評決に加わった時」という意味。(S28.6.26)

*忌避の原因があることを知らずに当該裁判官の面前で弁論をした場合はまだ忌避できる。(24条2項)

*忌避は裁判で認められて初めて職務執行ができなくなるものであり、忌避原因がある裁判官が行った訴訟行為は忌避の裁判がなければ無効とならない。

上告、再審の事由である(312条2項2号、338条1項2号)は、忌避の裁判がなされた裁判官が判決に関与することである。よって、忌避原因がある裁判官が終局判決に関与した場合は、これらの事由には当てはまらない。

 

関連記事

  1. 2018年5月20日の予備試験の短答式試験受けます!
  2. 2015年 第2回 法科大学院適性試験前日! 大雑把予想と復習!…
  3. 慶應ロー補欠情報について、2015
  4. 超集中力を身につける!自分の勉強の仕方を見直してみました。
  5. 法科大学院で使用する教科書 〜刑法編〜
  6. 法科大学院日記vo.2 首都大ローのいいところ不便なところ
  7. 資格スクエアの司法試験・予備試験講座を徹底的に検証してみた201…
  8. 法科大学院で使用する教科書 〜行政法編〜

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー記事一覧

おすすめ記事

  1. 2018年司法試験の合格発表を受けて
  2. 資格スクエアの司法試験・予備試験講座を徹底的に検証してみた2018
  3. 民訴短答知識まとめ「除斥・忌避・回避」の違い
  4. 絶対に理解すべき終局判決と確定判決の違い「民事訴訟法」
  5. 勉強の成績が悪くても一切ヤバイと思わない人向けヤバイと思う方法(笑)
  6. 平成30年(2018年)予備試験短答式試験最新情報 解答速報情報あり。
  7. 公判前整理手続の対象事件とは(条文)
  8. 平成29年予備試験短答「憲法」の解答と肢別解説
  9. 新司法試験行政法の解説書・参考答案のおすすめ2017
  10. ブログ更新再開・・・したいの巻

刑事訴訟法おすすめ基本書 リーガルクエスト

刑法総論おすすめ基本書1 基本刑法1総論

刑法各論おすすめ基本書「刑法各論西田」

行政法おすすめ基本書「基本行政法」

民事訴訟法おすすめ基本書「基礎からわかる民事訴訟法」

憲法おすすめ基本書「芦部憲法」

会社法おすすめ基本書「リーガルクエスト」

オススメ書籍

最新記事10選

勉強のやる気がなくなったら見て欲しい映画

オススメ書籍

PAGE TOP